【DBD】ランク1キラーがドクターの立ち回りやオススメのパーク構成などをご紹介します。

皆様こんにちは!

ドクターを使っている時の自分性格悪いなと感じてしまう、もんすけでございます。

Dead by Daylightやっていますか?

爆音と言えばこのキラー、ドクター使っていますか?

Dead by Daylight 攻略 wiki

ドクターを嫌いなサバイバーは多いはずです。なぜなら、基本心音うるさいし全ての行動が嫌がらせっぽくないですか?

そういう私もサバイバーとして出会うのはいやですが、自分がキラーとしてプレイするドクターは大好きです。これ、キラーの特権なので許してください。(笑)

ドクターは索敵が得意なキラーですが、操作難易度は高く、ショック療法(以下「電撃」と称する)を上手に使いこなさないとまず全滅できないことでしょう。うまくできずに諦めてしまった方も多いはずです。

そこで今回は、電撃を使うタイミングがわからないよ!治療モードと処罰モードを切り替えるタイミングがわからないよ!なかなか全滅できないよ!という方に向けて、ドクターの基本的な立ち回りやオススメのパーク構成、オススメアドオンなどをご紹介します。

電撃と言うキラー史上最高の嫌がらせスキルを駆使して、どんどん全滅させていきましょう٩(ˊᗜˋ*)و

スポンサーリンク

立ち回り

ドクターの基本的な立ち回りをポイント毎に説明します。

治療モードで巡回しよう

ドクター最大の強みはその索敵力で、全キラーの中でNo.1と言っても過言ではありません。その能力をいかんなく発揮するためにも、とにかくサバイバーの狂気状態を上げましょう。

そのためには、試合開始直後やサバイバーをフックに吊った後などは忘れずに治療モードに切り替えてから索敵の旅に出かけましょう。治療モードは足が遅くいつまでもそのままだと中々追いつけないため、サバイバーを視認できたら処罰モードに切り替え追いかけましょう。

慣れていない方はまずこの切り替えをスムーズにできるように練習しましょう。

叫びと幻覚による通知を見逃さないように

視認叫んで通知幻覚による通知、これだけ索敵する方法があるので、ドクタープレイ時はサバイバーを発見するのはそんなに困難でないはずです。

叫んで通知は分かりやすく音と共に通知されるので問題ありませんが、幻覚はひっそりと出現しているだけなので、周囲には常に気を配っておきましょう。

遠くでひっそりと出現している幻覚も貴重な情報です。優秀なキラーになればなるだけ今どこで誰が何をしているかを常に考えているので、一瞬現れるその幻覚を見逃さないようにしましょう。

電撃で板や窓枠を無効化できる

実はドクターの電撃を使えば、板や窓枠を無効化できるの知っていますか?これこそドクター最大の強みであり、最大の腕の見せ所でもあります。

方法は非常に簡単で、板や窓枠に逃げ込まれそうになったら手前で電撃を当てる、それだけです。電撃をくらったサバイバーは2.5秒板や窓枠を超えることができないため、距離を詰め攻撃を当てることができます。

が、しかしそんなに甘いわけもなくタイミングが結構シビアです。さらに当たった直後は超えることができてしまうため、気持ち早めに当てるのがコツです。壁越しや障害物越しに当てるのもGOODですね。

ドクターを使う上で必須のテクニックですので、是非練習して自分のものにしましょう。

小屋を逆に利用して閉じ込めることができる

小屋は強ポジのためキラーからしたらできるだけ避けたい場所です。しかし、ドクターの場合必ずしもそうではありません。

板が倒れている状態、または倒した時に小屋の内側にサバイバーがいたら大チャンスで、窓枠の近くから小屋の内側にいるサバイバーに向けて電撃を当てましょう

当たったらおめでとうございます。2.5秒スタンするため確定で攻撃できますので、速やかに窓枠を超えて中にいるサバイバーを攻撃しましょう。

ドクター相手では小屋の中はデスポジションですので、そんなにしょっちゅう出くわすシチュエーションではありませんが、せっかくなので上手に利用しましょう。

電撃は外したくない

電撃はアドオンにもよりますが射程距離が決まっています。大事なのはどれぐらいの距離感なら電撃が当たるかを感覚として覚えておくことです。

ドクターでテンポよく吊るためには電撃のミスショットを減らすことが大事なため、慣れないうちはサバイバーに実験台になってもらい様々な距離で電撃を放ち、自分なりのコツを掴みましょう。

ミス一回で三秒ぐらいロスしていくので、ミスったら「あっ!今の瞬間三秒分発電機進んだ」と自分を戒めてミスショットを減らしましょう。(どんだけストイック!(笑))

優先順位は、電撃を当てる<攻撃を当てる

サバイバーを発見して追いかけている際、我を忘れてつい電撃を当てたくなることもあると思います。電撃を当てるのって楽しいですしね。(笑)

しかし、あくまでも優先順位は 電撃を当てる<攻撃を当てる ということを忘れないでください。攻撃を当てられる距離にいるのにわざわざ電撃を当てるとか言語道断です。

初撃を当てた後からダウンさせるまでに電撃はいくらでも当てる時間はありますので、攻撃の射程圏内にサバイバーが入ったらまずは攻撃するよう心がけましょう。

それに治療モードでウロウロするだけで狂気状態はじわりじわり上がっていきますので、そんなに急いで狂気状態を上げる必要もありません

ドクターは尻上がりですので、じっくり狂気状態を上げて追い詰めていきましょう。

残り二人になったら勝負あり!高確率で全滅できる方法

ドクターは残り二人になると滅法強く、立ち回り次第で簡単に全滅まで持っていくことができます。

手順と理由を解説していきます。

残り二人になってから全滅させる手順はこちら

①発電機が点かないか注意しながらのんびり索敵

残り二人とはいえそこは索敵の神。きっとすぐ見つかるはずです。幻覚のチェックも忘れずに。

②一人目を見つけ次第ダウンさせる

発電機残り一個とかでない限りチェイスに時間がかかっても大丈夫です。勝利はもうすぐそこです。

③フックに吊らず最後の一人をのんびり索敵

狙うはもちろん全滅です。叫んだり幻覚を確認できるのは時間の問題ですので、フックに吊らずに最後の一人をのんびり索敵しましょう。

④最後の一人を発見したら、速攻で狂気度をLv.3まで上げる

ここが一番大事なポイントです。ここまで来たら通電されるわずかな可能性として、這いずり状態のサバイバーを救助→体制を立て直される、が考えられますが、狂気度をLv.3まで上げることによってこの可能性が0になります。なぜなら、狂気度Lv.3のサバイバーは他人を治療することができないからです。つまり、サバイバーからしたらこれにて詰みの状況になるということです。左下の狂気状態ゲージを確認しながら電撃をたくさん当てましょう。

⑤これにて全滅完了

もしハッチの場所が分かっている場合念のためハッチから近い方を先に吊りましょう。這いずり状態でも叫んだり幻覚が出現するため、すぐに発見できるはずです。ここもドクターの良いところです。

立ち回りまとめ

  • 狂気状態を上げるためにも、索敵時は治療モードにすることを忘れずに
  • 幻覚はひっそりと出現しているだけなので、見逃さないようにしよう
  • 電撃をタイミングよく使って板や窓枠を無効化しよう
  • 電撃を当て小屋から出られないようにして、確定で攻撃しよう
  • 電撃のミスはちりつも!ミスるごとに三秒ロスしたと自分を戒めよう
  • つい電撃を当てたくなるが、攻撃を当てることが第一優先
  • 対二人の時ドクター最強説!残り二人になったら積極的に全滅を狙おう

オススメのパーク構成

ドクターのオススメパーク構成ですが、電撃を上手く当てられるようになればチェイス強化パークは不要です。

そして索敵は素の性能で最強ですが、さらに強力にする苦悶の根源を付けてあげましょう。これぞドクター専用と言っても過言ではなく、心音範囲の増幅=ドクターの強化であるため、心音を広げて各所で叫んでもらいましょう。

サバイバーにとっては迷惑極まりないかもしれませんが、至る所で叫んでくれるので索敵はだいぶ楽になりますし狂気度を下げざるを得ないので、結果的に遅延にもなります。なにより使っていて面白いです。(笑)

続いて遅延系ですが、ドクターはワンパン持ちではないため遅延パークは欠かせません。これでもかというぐらい遅延特化させたかったため、破滅ずさんな肉屋タチが飛び出したと豪華に三つ付けてみました。

ずさんな肉屋の代わりに心音範囲内の治療速度を低下させるピエロ恐怖症も捨てがたかったのですが、より安定して遅延させるという意味ではずさんな肉屋に軍配が上がりました。

オススメパーク構成
  • 苦悶の根源・・・索敵&ベース性能強化
  • 破滅・・・遅延
  • ずさんな肉屋・・・遅延
  • イタチが飛び出した・・・遅延

ドクターはダウンまで持っていく速度が特別早いわけではありませんので、とにかく遅延に遅延を重ねる構成にしました。

チェイス強化パークを積んでいないため、対ドクター戦を熟知しているサバイバーに遭遇した時は逃げるようにターゲットを変えるのも手です。

電撃をある程度扱えることを前提に組んだパーク構成ですので、慣れないうちはまやかし、怨霊の怒り、野蛮な力などのチェイス強化パークを大量に積んだ遅延パークと差し替えることをオススメします。

2020年1月22日、Ver3.5.0にて呪術:破滅が弱体化されました。
弱体化の詳細や、代わりとなるオススメのパークはこちらから。

スポンサーリンク

オススメのアドオン

ドクターのアドオンは効果が複雑で理解するまでは何が何だか分からないと思います。しかし強力なアドオンも多く、そのほとんどがサバイバー泣かせの嫌がらせパークとなっています。(笑)

まずは使いやすい一番オススメのアドオン効果はこちら。

使いやすい一番オススメのアドオン効果
  • 懲罰・・・ショック療法が与える狂気の量が〇〇%増加する。狂気状態(2・3)の生存者は以下の影響を受ける。追跡開始時、背後にドクターがいるかのような偽の心音と視線表示が〇・〇〇秒間生じる。
  • 抑制・・・生存者の狂気状態が進行した時、その姿を〇秒間可視表示化する。狂気状態(2・3)の生存者は以下の影響を受ける。ドクターの幻覚が見える時間が増加する。

まずは懲罰。ドクター最大の武器は電撃ですので、ある意味電撃を強化するアドオンは必須です。さらにステイン(赤い光)がサバイバーの後ろに付いて回るため、地味に見失いにくくなるのもありがたいですね。ブラッドウェブに出現したら優先して取得したいところです。

次に抑制。こちらは索敵強化のアドオンで、ただでさえ索敵が得意なドクターが鬼に金棒状態になります。効果は二つありますが、特に優秀なのは幻覚が見える時間が増加する効果です。デフォルトではすぐに消えてしまいますが数秒表示されるようになるため、多少のよそ見では見逃さなくなります。とにかくマップ全体のサバイバーの動きを把握しやすくなるため、オススメです。

続いてはドクターで最強のアドオン効果です。

最強のアドオン効果
  • 玉虫色のキング・・・ショック療法攻撃を命中させる度に、以下の効果のうち1つをランダムに付与する。

●秩序:破壊された木板が再び設置されているように見える。

●抑制:ドクターの幻覚が見える時間が劇的に増加する。

●鎮静:常に心音が聞こえ続ける。

●懲罰:狂気状態(2・3)の生存者は、偽の心音と視線表示が追跡開始時から10秒間・常に生じる。

●従順:狂気(3)状態の生存者は常に疲労状態となる。

一度は聞いたことあると思いますが、いわゆる「タマキン」というやつです。(変な意味じゃなくて)

電撃を当てれば当てるだけ効果を付与できるのが最大の特徴で、つまり五回当てれば上記効果が全て付与されるため、サバイバーはもうボロボロのボロ雑巾状態になります。

難点として、どの効果が付与されたかパッと見でわかりにくいため、結局五回当てたくなってしまうことです。(笑)

固有パーク評価

合計3つの固有パークを解説していきます。

最高を★★★★★として、評価もしたいと思います。

圧倒的存在感

評価★☆☆☆☆
効果心音範囲に生存者がいると効果が発動する。
生存者が使用するアイテムの消耗速度が80・90・100%増加する。
解説心音範囲を最大限に広げる爆音構成の時に相性の良いパーク。かなり限定的ですが、セルフケアを付けていないサバイバーが1回分の救急キットを大事に使っている時にもしかしたら刺さるかもしれない、その程度です。
つまりこのパークが刺さったところで戦況が大きく変わることはないため、評価は低いです。もっと他に良いパークはたくさんありますので、このパークのアイコンがよっぽど気に入った、とかではない限り付けるのはやめましょう。

観察&虐待

評価★★★★★
効果生存者を追跡している時、心音範囲が8m増加する。
生存者を追跡していない時、心音範囲が8m減少する。
更に視野が広くなり、レベルが上がる事に効果が大きくなる。(3・5・10°拡大)ただし、他の視野効果とは重複しない。
解説出ました超優秀な索敵強化パーク。
心音を狭める&広げることができる貴重なパークで、サバイバーの逃げる初動が遅れるので索敵が苦手な人は是非一度付けてみてほしいです。
チェイス中は心音範囲が広がるのもGOODですが、視野が広がるのはかろうじて体感できるレベルですので、過度の期待は禁物です。

オーバーチャージ

評価★★☆☆☆
効果発電機に対して破壊行動をすると効果が発動する。その発電機の修理による最初のスキルチェックが難しくなる。パークレベルが上がる程に難易度が上昇する。このスキルチェックに失敗すると修理ゲージが通常より更に3・4・5%減少する。
また、このスキルチェックに成功してもゲージ増加のボーナスは生じない。
解説虚をつくことができる遅延パーク。元々グレートを狙う意識高い系サバイバーにはまったく効かないため、遅延パークの中では優先順位は低いです。
破滅やイタチが飛び出したなど揃っていないなら、ワンチャン出番があるかな?レベルです。
スポンサーリンク

必勝への近道

参考程度に、私が愛用しているサバイバーを全滅させるための必須アイテムはこちら。ゲーミングデバイスとして超有名なブランド「Razerで統一しています。これらを揃えてからガラッと世界が変わりました。

ヘッドフォン(優先順位:高)

キラーは索敵が命です。このヘッドフォンに変えてからびっくりする程足音や声が聞こえるようになり、全滅率が上がりました。正直ズルいと言われても反論できません。

マウス(優先順位:中)

溜め攻撃、チェーンソーなど誤クリックが許されないDBDにおいて頼もしい相棒です。特に長時間プレイする右利きの人にオススメです。

キーボード(優先順位:低)

高く少し斜めになっている押しやすいキー、「スコン」という気持ち良い打鍵音、柔らかすぎない打ち心地、全てが完璧なキーボード。これにより試合中左手が迷うことがありません。

まとめ

いかがでしたか?

ドクターは電撃を意のままに扱えれば立派な強キラーです。板や窓枠を無効化できますしね。

それでも使用率があまり高くないのは、電撃を当てた時の声と板スタンした時の声が気色悪いからだと私は思います。(笑)

もはや見た目も中身も人間とは程遠く、こんな医者には絶対かかりたくないですが、見捨てずに使ってあげましょう٩(ˊᗜˋ*)و

それでは!

よいDBDライフを!

コメント