ビールとホッピーの違いを分かりやすく解説。糖質やアルコール度数も

こんにちは!

ビールとホッピーどっちも好きな、もんすけでございます。

あなたはビールとホッピーの違いについて、何個答えられますか?焼酎をビールで割るのがホッピーだと思っていませんか?

泡立っている感じとかパッと見似ていますが、実はまったく別の飲み物で、むしろ共通点の方が少ないくらいなんです。

ということで今回は、これからホッピーに挑戦しようとしている方やホッピーって一体全体なんなの?という疑問をお持ちの方に向けて、ビールとホッピーの違いや成分について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

比較表

まずは両者の違いを表で見てみましょう。

※100mlあたりビール(アサヒスーパードライ)ホッピー
ジャンルアルコール飲料炭酸清涼飲料水
アルコール度数5%0.8%(7)
カロリー42kcal11kcal(58)
プリン体5〜6g0g
糖質3g1.7g
価格197円132円(185)
内容量350ml330ml(440)
原料麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ麦芽、粉飴、ぶどう糖、スターチ、ホップ、酸味料、調味料(アミノ酸等)
製造工程麦芽の製造→仕込み(糖化・ろ過)→発酵→貯水→容器詰めビールと同じ

※()内の数値は、ホッピー3:焼酎1 (25度)で割った後の数値です。
※価格はAmazon調べです。

ビールとホッピーの違い

ここからは、ビールとホッピーの違いについて一つずつ解説していきます。

大きな違い① ジャンル

まず大きな違いはこれですよね。

ビールはアルコール飲料というジャンルなのに対し、ホッピーは炭酸清涼飲料水というジャンルに該当します。

じゃぁ炭酸清涼飲料水とはなんぞやと言うと、炭酸ガスを含んでいる清涼飲料水のことを指します。コカコーラやキリンレモンなど、いわゆる炭酸飲料がこのジャンルに該当します。

つまり、ホッピー自体はコカコーラなどと同じ炭酸飲料なんです!もっと言うと、ジャンル的にはただのジュースなんです!

スポンサーリンク

大きな違い② アルコール度数

一般的なビールのアルコール度数は5〜6%ですが、ホッピー自体のアルコール度数は0.8%になります。

ではなぜ0.8%のジュースが居酒屋に置いてあるかと言うと、焼酎と割って飲むのが一般的だからなんです。

ホッピー3:焼酎1 (25度)が黄金比と言われており、この比率で割るとアルコール度数が7%程になるため、ちょうど良く酔っ払えるということになります。

しかし、いくら0.8%だからと言ってホッピー自体を何本も飲み過ぎると、それはもう歴とした酒気帯び運転になるので注意が必要です。

先程ホッピーは清涼飲料水だ!と①にてご説明させて頂きましたが、清涼飲料水の定義はアルコール度数1%未満と定められているため、ホッピーはギリギリ清涼飲料水に該当するということになります。

大きな違い③ カロリー

ホッピーは100mlあたり11kcalと、ビールの約1/4のカロリーしかありません。

こう聞くとホッピーってプリン体も0だしカロリーも低いし優秀じゃん!と思うかもしれませんが、これはあくまでも焼酎を入れていない場合の数値になります。

焼酎を入れた場合は100mlあたり58kcalと、ビールの42kcalを超えるカロリーになってしまいますので、ホッピー焼酎割りは低カロリーだ!と勘違いしないようにしましょう。

大きな違い④ プリン体

ビールは100mlあたりプリン体が5〜6gあるのに対し、ホッピーは嬉しい嬉しいプリン体0です!

最近はビールでもプリン体0の物が増えましたが、それはあくまでも発泡酒や第三のビールの話であって、熱処理をしていない生ビールにおいてはいまだにプリン体0のものは発売されていません。

健康志向の方はホッピーの方が気持ちよく飲めるかもしれませんね。

プリン体とは・・・肉、魚、穀物、野菜など食物全般に含まれる成分で、摂り過ぎると体中が痛くなる痛風になる可能性があります。お酒の中でも特にビールに多く含まれているため、毎日ビールを飲む人は痛風になる危険度が高いと発表されています。

スポンサーリンク

大きな違い⑤ 糖質

ビールは100mlあたり糖質が約3gあるのに対し、ホッピーはなんと糖質1.7gです!

これは紛れもない事実ですので、糖質制限ダイエットしている方はビールかホッピーかの二択を迫られた時は、迷わずビールではなくホッピーを選びましょう。

糖質とは・・・穀類やいも類、砂糖等に多く含まれている体のエネルギー源となる栄養素です。摂らなすぎも体に悪いですが、摂り過ぎた場合、肥満や生活習慣病を招く危険性があります。

大きな違い⑥ 原料

ビールにあってホッピーにないものは、「米」と「コーン」。

ホッピーにあってビールにないものは、「粉飴」「ぶどう糖」「酸味料」「調味料(アミノ酸等)」。

という結果になりました。

大きな違い①〜⑤で述べましたようにそもそもビールとホッピーは別物ですので、原料が違うのは当たり前といえば当たり前ですよね。

コスパ最強の二日酔い対策

数々の二日酔い対策を試みてきた私が最終的にたどり着いた、コスパ最強のヘパリーゼはこちら。

ヘパリーゼZ

ドリンクタイプに比べ、持ち運びやすい、安い飲みやすい、肝臓エキス2倍という、まさに良い事ずくしのヘパリーゼ。

5日分が通常価格1350円のところ、初回限定で27%OFFの980円(税込)という超お買い得な値段となっています!もちろん送料無料、代引き手数料無料です。

定期購買必須ではありませんので、1回安く買ってみて気に入らなければもう買わなければいいだけなので、お試しに最適ですね。

気になった方はコチラ↓↓↓

まとめ

いかがでしたか?

ビールとホッピーにはこんなにたくさんの違いがありました。

この豆知識が皆様のお酒ライフのお役に立てれば幸いです!

それでは!

コメント