糖質オフダイエットで11kg痩せた私がメリットデメリット教えます

こんにちは!
半年間の糖質オフダイエットで11kg痩せた、もんすけでございます。

ダイエットには様々な種類がありますが、お酒も飲めて食事制限もキツくない、「糖質オフダイエット」。

他のダイエットに比べ敷居も低く、実際に半年で11kg痩せた筆者から言わせても、とってもオススメなダイエット法です。

・・・が!!

世の中そんなにうまい話はなく、糖質オフならではの苦労やさまざまなデメリットも、もちろん存在します。

ということで今回は、11kgの糖質オフダイエットに成功したからこそ分かる、糖質ダイエットのメリットやデメリットについて解説していきます。

これから糖質オフダイエットを始めようとしている方、どんなものか興味を持っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

私が実践した糖質オフダイエット

まず簡単に私(男、30歳)が実践した糖質ダイエット法と、その時の体重の推移についてお話ししておきます。

と言ってもひたすら糖質を抑えるというとてもシンプルなもので、だいたい1日80gぐらいに抑えていたと思います。(終盤は50gほど)

唐揚げOK、ステーキOK、お菓子もコンビニで買えるロカボ系ならOK、お酒もハイボールや焼酎であれば飲み放題(常識の範囲内なら)、という始めて2.3日は本当に痩せるのこれ?状態でした。

しかし5日ぐらいが経過した時、早速1kg落ちてうひょ!!ってなったのを覚えています。

あとはひたすらそれを淡々と継続した結果、半年間で11kg落ちました。
元の体重:68kg→6ヶ月後:57kg

ちなみに、運動やスポーツは一切行なっておりません。これ神に誓って本当です。

メリット

さぁここからが本題です。まずは私が考える糖質オフダイエットのメリットから。

短期間で痩せられる

6ヶ月で11kg減って、かなり早いスピードだと思いませんか?!ただただ糖質を抑える生活をしているだけで。

運動したりカロリー制限して痩せるオーソドックスなダイエットでは、よほどストイックにやらない限りこのスピード感は出ないと思いますが、糖質オフダイエットなら容易に可能です。

夏までに痩せたい!いついつまでに痩せたい!けど時間が全然ない!という時には、有無を言わせず糖質オフダイエットをオススメします。

スポンサーリンク

食事制限がゆるい

先ほどもお話ししましたが、唐揚げOK、ステーキOK、お菓子も糖質が高くないものならOKと、本当にダイエットしているのかわからなくなる程食事制限がゆるいです。

そのかわりお米、パンなど糖質が高いTHE・炭水化物は、見るのも許されない程絶対に食べてはいけないリストに入ってきます。

最近は糖質オフの商品が流行っていてコンビニやスーパーに行けば糖質オフのものがたくさん発売されていますので、食べるものには基本困りません。

全体的に味を薄くしたり常に空腹感と戦わなければいけないカロリーオフダイエットに比べると、我慢する機会は圧倒的に少ないです。

お酒が飲める

お酒飲みには本当に嬉しいメリットですね。もちろん糖質が高い生ビールや梅酒、日本酒などは飲んではいけませんが、糖質オフの発泡酒や糖質0の第三のビール、ハイボール、焼酎などは我慢せず飲んでOKです。

おつまみも糖質の低いチーズやイカなら食べてOKなので、飲んでる時に口元が寂しくなることもありません。

デメリット

続いては糖質オフダイエットの悲しいデメリット。

お金がかかる

これが、一番のデメリットです。最近は糖質オフの商品が流行っているため、コンビニやスーパーに行けばなにかしら糖質オフの商品が販売されていますが、どれも通常より高いんですよ!個人の感覚ですが、だいたい同じ種類の製品の1.2〜1.5倍ぐらい高いんではないでしょうか。

ダイエットしていない時は一回あたりのお昼代が500円ですんでいたものが、一食7,800円かかるのはざらでした。

1週間で完結するダイエットならまだしも、私の場合半年間は続けたのでその期間中はお金がかかって仕方がなかったです。

私の定番のお昼

  • サラダチキン 220円+税
  • からあげ君 220円+税
  • 糖質オフのパン 140円+税
  • 糖質オフのスープ 180円+税
  • (たまに糖質オフのお菓子 150円+税)

合計 800円(960円)

スポンサーリンク

一生続けるのは難しい

日本の食生活の中に糖質は溢れかえっています。

なにを隠そう日本人の主食であるお米は、お茶碗一杯で糖質約55gと、糖質制限中では絶対に食べてはいけない食材になります。当然うどんも、パンも、パスタも、ラーメンもです。

つまり、毎日3食コンビニや自炊であれば糖質をコントロールするのはそんなに難しくありませんが、外食の時は地獄です。食べたいものは食べれないですし、周りに気を使わせるしお金は必要以上にかかるし。

特にラーメン屋に誘われたら最悪です。ラーメン屋において糖質が低いメニューは存在しないため、いかに自然に違う店を提案できるかという世界になります。

会社に勤めていたり家庭を持っている場合人との関わりを断つのは不可能なため、生涯糖質ダイエットを続けるのは極めて難しいです。

頭の回転が・記憶力が悪くなる

これに科学的根拠があるのか分かりませんが、私は実際に体感しました。

他愛のない日常会話やお客さんと話している時などに、言葉に詰まるというか表現できる言葉が見当たらないというか、なんとなく自分の脳に?違和感が出ると言いますか・・・この現象を表現するのはとても難しいですが、とにかく頭の回転が鈍くなった・記憶力が悪くなったのを体感しました。

これは、糖質オフダイエットをやめて数ヶ月間過ごして、その回数がどんどん減っていくため「糖質オフダイエットのせいだったんだ」と、後から分かったことになります。

こんな人にオススメ

色々なデメリットもご紹介しましたが、総合的に考えて糖質オフダイエットをオススメしないのかと聞かれると、そういうわけではありません。

下記の項目に複数該当する方は糖質オフダイエットと相性が良いかもしれませんので、すぐにでも始めた方が良いと思います。

  • 半年以内に最大10kg痩せたい
  • 一時的でも良いので痩せたい(結婚式の日だけとか)
  • 外食(飲み)が少なく、食生活を自分で管理できる
  • 家の近くにローソンがある(糖質オフ製品が一番豊富)
  • 糖質がないハイボールなどのお酒が好き
  • 金銭的に余裕がある
  • 卵・チーズ・お肉・大豆製品が好き(糖質オフの主食)

スポンサーリンク

本気で痩せたいなら?

自分一人の意思で痩せる自信がない、簡単に痩せれるなら痩せたいというレベルではなく本気で痩せたい人生を変えたいなど強い気持ちがあるという方は、RIZAPに通うのが一番手っ取り早く確実です。

お金と時間の都合さえあえば痩せれることは確実なため、検討してもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

糖質オフダイエットには確実にメリットデメリットが存在しますが、食事制限も緩く、ダイエット初心者の方にもオススメできます。

興味をお持ちの方、まずは一週間からでも初めてみてはいかがですか?

失敗したからと言って失うものは一つもありませんよ!

それでは!くれぐれもご無理はせずに!

コメント